レビュー

ファミリーカーは何にする?ルノーのカングーを2年乗ってみたレビュー

ファミリーカー、ルノーのカングーを2年乗ってみたレビュー

子どもが産まれると、これまでの生活パターンに加えて、生活環境も変えなければいけないことが多くなります。
その1つがファミリーカーではないでしょうか?

 

大人2人だったらちょっと小さな車でも不便はありませんが、子どもが生まれて動き出す年齢になると出かける機会も増え、さらに荷物も増えてきます。
そうなると手狭な車を手放して大き目の車の購入を検討する時期が来るかもしれません。

 

我が家が車を買い換えようと思ったきっかけは2人目の妊娠でした。
産後はすぐ車をゆっくり選ぶ時間も見に行く時間もないだろうと早めに買い替えしました。
それからちょうど乗り換え前の車に新しい型が出て、売り時だったのもあります。

 

いろいろ悩んだ結果、選んだ車は最近CMでも見かけるルノーのカングーです。
今日はカングーを乗り始めてそろそろ2年経つのでレビューをしてみたいと思います。

 

ルノー公式サイト|カングー

 

カングーを選んだ理由

ファミリーカーを買おうとなった時、いくつか候補をあげました。
我が家で候補に上がったのは以下の車で、最初にカングーという候補はありませんでした。

 

NISSAN セレナ
保育園の送り迎えでも本当によく見ます。機能的にもサイズ的にもファミリーカーとしてとても優秀だと思います。
実際に試乗しに行った時に感じたことは、ドアの開閉が簡単なところは小さな子どもがいる家庭にとってとても魅力的でした。
SUZUKI ソリオ
買い替え前にハスラーを乗っていたこともあり、SUZUKIで買い替えしようと思って候補に入れていました。
お付き合いのある担当ディーラーさんがとても良い方だったのと、おそらく同じメーカーで買い替えするとお値段も安くしてもらえていたのではないかと思っています。
TOYOTA シエンタ
街でよく見かけます。
ファミリーカーとしては少しコンパクトではありますが、私が買い替え前に軽自動車(ハスラー)を乗っていたこともあり、大きな車の運転が不安で最初に候補に上がったのはシエンタでした。
値段が候補の中では手頃だったので最後まで悩んだ車です。

 

候補の車を実際に見に行き、どうしようか悩んでいたのですがどうもしっくりきませんでした。
機能は良いんだけど見た目がどれも今ひとつだったのです。

 

候補の中からどれにしようか夫と悩みながら、暇をみては他に良い車がないか探していたところ、たまたま画像検索したらかわいい車を発見。
それが黄色のカングーでした。

ルノーまで足を運んで試乗してみたところ、正直なところ機能面では日本車にかなうようなものはありませんでしたが、見た目が本当にかわいくて試乗したその日に購入を決めてきました。ちなみに色は黄色にしました。

 

代理店で購入する時に聞いた話しでは、お花屋さんなど商売をしている人が多く購入されているようでした。
便利な機能はこれと言ってありませんが、荷物はたっぷり入るところは自慢できるかもしれません。

 

ちなみにカングーを購入して、家に届くまで3週間ほどかかりました。
そして、購入モデルはルノー カングー ゼン EDC(2,599,000円)にしました。

カングーを買って良かったところ・悪かったところ

見た目を気に入って買ったので、購入当初は家の前にカングーが停まっていること自体がワクワクしました。
今もカングーに対する思いは変わらず、見るたびに可愛いなぁと思いながら乗っていますし、街でカングーを見かけると嬉しくなります。

数が日本車に比べてそれほど走っていないので、同志!という気持ちになるのかもしれません。

機能的なところを言うと、はっきり言って日本車の便利な機能は何一つありません。(笑)
例えば以下のような機能はありません。

 

  • ドアの自動開閉
  • チャイルドロック(中から開かないようにする)
  • リモコンキー(これは改造で使えるようになりますが…)

 

思い出したら追記しますが、パッと思いつく上記の機能はカングーにはありませんので注意しましょう!

カングーの機能でオートロックのような鍵が閉まるものはあるのですが、これはチャイルドロックではなく「走り出したら自動で鍵が閉まり、外から開けられなくなる機能」です。信号待ちしている時など外から無理やり開けて危害を加えられないようにするための機能です。

 

フランス製の車ですが、フランスはそんなに治安が悪いのでしょうか?
中からは開けられてしまうので、あってもなくてもあまり子どものイタズラ開けを防げるものではありませんが、このような機能があります。

 

便利だなと思う機能では、高速道路などでオート運転ができるものがあります。
と言ってもハンドルを手放すようなオート運転ではなく、アクセルを踏み込んでいなくても速度を一定にしてくれる機能がついています。私は怖くてあまり使うことはないのですが、夫は遠出する時に使っているようです。

 

買って良かったことを書くつもりが、機能のなさ加減を書くことになってしまいましたが、結局見た目が大事!と言うタイプの人にとってはテンションの上がる車なのではないかと思います。

 

せっかくなので見やすく良いところとマイナス点を表にしてみました。

 

良いところ マイナス点
可愛い ドアの開閉が重い
目立つ チャイルドロックがない
荷物が沢山の入る リモコンキーの改造が必要
1200ccなので税金が安い ガソリンがハイオク
色が変わっているので子どもも大好き 車検はルノーまで行かないといけないので面倒

 

こう見ると、見た目以外ないのか!と言いたくなる比較表になりましたが、あえてカングーを買うような人は見た目を愛せないと乗っていけない気がします。
乗り始めしばらくして、正直機能がなさすぎるのでは?と思った時期もありましたが、それでも購入して後悔はしていませんし、この先10年は大切に乗るつもりでいます。

 

カングーに乗り換えてから保育園の送り迎えなどで先生やお友達のお母さんに「あの車はどこのなんて言う車なの?」などと話しかけられることが多くなりました。
それをきっかけにお話しをするようになった方もいて、会話作りに一役買ってくれています。

 

子どもが小さいうちは荷物が沢山乗せられる以外、あまり利点がないように見えるカングーですが、子どもが小学生くらいになったらまた感想も変わってきそうです。

 

今日はファミリーカー選びで、カングーを選んだ我が家のカングーレビューを書いてみました。

 

べた褒めするような内容にはなりませんでしたが、旅行などイベントごとの多い子育ての時期、あとで写真を見て、家族と一緒にカングーがちょこんと映っているとなんとも言えない愛おしさがあります。子どもにとっても子育てしている大人にとっても、カングーは思い出づくりの大事なパートナーになってくれること間違いなしだと思います。

(Visited 3,437 times, 1 visits today)