レビュー

猫アレルギー の赤ちゃんと猫の共存は出来るの?我が家で試した対策

ペットと子どものアレルギーはどう対処する?

 

赤ちゃんが産まれる前から飼っている家族同然のペットが赤ちゃんのアレルギーの原因だったらどうしますか?乳児湿疹かと思いながらもちょっと酷いなぁと心配していた我が家の次男は猫アレルギーでした。

 

次男が産まれた時、我が家にはもう10年以上一緒に過ごした猫が2匹いたのですが、アレルギーのある子との共存は出来るか、色々試しました。

 

今回はアレルギー検査をするまでと結果が出てからの対策、現在の様子をまとめようと思います。

 

次男の顔と頭になかなか治らない湿疹が

 

大きめでしっかりとした赤ちゃんだった次男の湿疹が気になりはじめたのは生後1ヶ月目前でした。

 

乳児湿疹かと思い、よく洗って保湿をするなど、病院で聞いた乳児湿疹の対応をしていたのですが、顔を手で掻きむしるような仕草が気になっていました。

 

乳児湿疹は痒くないと聞くのにこの子は顔や頭を搔くように引っ掻くので、顔中爪痕だらけだったのを覚えています。

 

生後2ヶ月を過ぎれば良くなるだろうと思っていたのに、生後4ヶ月を過ぎても全く良くならず、それどころか頭には大きなかさぶたと膿がにじみ出ているような湿疹がいくつも出来てきたのでこれはおかしいとかかりつけの小児科をたずねました。

 

そこでは、もしかしたらアレルギーかもね、と言われステロイド剤をもらいました。

 

まずは傷や湿疹を綺麗に治してから保湿をしていこうと言うことと、ステロイド剤は一時的に使う分には問題もなく、本人を楽にしてあげられるからと言われなるほどと思って帰ってきました。

 

ステロイド剤はよく効いて、顔も頭もキレイになったのですが、使うのをやめると湿疹が復活してしまうので、これは何かおかしいと思い大きな病院に連れて行くことにしました。

 

生後半年でアレルギー検査を受ける

 

あまりにも良くならない湿疹。この頃は頭の痒みでうまく眠れず眠いのに痒い!と夜中に泣くこともあったので、大きな病院を予約しました。

 

目的はアレルギー検査を受ける事だったのですが、病院ではあまり小さすぎる赤ちゃんのアレルギー検査は意味もなく(離乳食がはじまっていないため)かわいそうだと言われたのを覚えています。

 

この時にわたしは若干猫アレルギーを疑っていたので、食べ物のアレルギーというよりもペットである猫のアレルギーなのではないかと疑っている事と、アレルギーと明確に判断出来なければ猫を溺愛している夫にアレルギー対策として猫を隔離する説得が出来ないという家の事情を説明し、本来なら生後半年ではあまりしないというアレルギー検査をしてもらいました。

 

次男には痛い思いをさせてしまいましたが、痒みで眠れない日々をどうにかしてあげたいという思いも強くありました。

 

結果…..予想通り猫アレルギー。しかも結構強めの数値が出ました。

 

ああやっぱり、という思いとこれでやれる事がわかってホッとしたのと、猫を隔離するために夫をどう説得しようというのと複雑な気持ちでした。

 

猫アレルギーの子と猫の共存

 

生後6ヶ月の次男が猫アレルギーとわかってから色々なことを試しました。

 

・ボディーソープを変える

夫に猫の隔離の説得を続けている間に、出来る事からと思いこれまで長男の時から使っていたPigeonのボディーソープをシャボン玉せっけんのボディーソープに変更しました。

これが意外と効果があり、湿疹も落ち着き肌の感じが良くなりました。

シャボン玉 ベビーソープ 泡タイプ 本体 400ml
身体だけでなく頭も洗えるので、シャンプーもこれでしています。
1歳になった今もこのボディソープ以外は使っていません。
このベビーソープに変えた時が一番症状に変化があったと思います。ボディソープとしては少しだけ高いのですが、肌の弱い子には本当にオススメです。

 

・牛乳石鹸を試す

シャボン玉せっけんのボディーソープが良かったので、肌の弱い人の鉄板石鹸と言われるこちらも試してみることに。

保湿成分が少なめなのか、乾燥も湿疹の原因の一つだったと思われる次男には合いませんでした。今思うのはきっと洗った後保湿をしっかりしてあげていたら全然違っていたと思います。

 

・空気清浄機を買う

もともと使っていたのですが、追加でもう一台追加しました。
効果は目に見えて変わったことは無いのですが、あるだけで気持ち的に落ち着いたので良しとしています。

ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~31畳/加湿:~18畳) MCK70U-W ホワイト
我が家はダイキンの空気清浄機を2つと無印良品の空気清浄機を1つ、合わせて3つ使っています。ダイキンはちょっとした匂いにもすぐさま反応して脱臭しているので性能が良いのがよくわかります。
加湿できるのも助かっており、冬は加湿器としても大活躍しています。

 

・猫をかなり大型の檻に入れる

夫の説得に成功して大きな檻(畳1畳分×大人の身長くらい)で飼うことに。

10年以上部屋を自由に歩き回っていたので猫はストレスもあったと思います。何度か脱走されたりするしたのですが、最終的には檻に設置したハンモックでくつろぐ姿も見られました。

【楽天ケージランキング1位常連】猫 ケージ 3段 キャットケージ 広々 ホワイト PEC-903 猫 ゲージ キャットゲージ 3段 ハウス 多段 キャスター付 三段 組立 簡単 送料無料 ネット限定 キャットランド あす楽 【◇】

我が家ではこの檻を購入しました。
12,800円でお手頃なのもおすすめ。高さもあるので途中の台で寝たり飛び移ったりして遊んでいました。うちの場合2匹いたのですが、大人の大きな猫が2匹入っても大丈夫でした。

 

ここまでの対策で、次男の湿疹はそこまで良くなりませんでした。相変わらずステロイド剤を使って治る、数日で湿疹復活の繰り返し。ただ、調子の良い日が増えてきたなぁという印象はありました

 

できる限りの事はしたので、もうこれでどうにかやっていこう、時間をかければ結果も出るだろうと思っていたところ急展開。義理の母が猫を飼ってくれることになったのでした。

 

猫を手放して

 

まさか10年以上一緒に過ごしてきた猫とこんな形でお別れする事になるとは思っていませんでした。

 

子どもができるまでは猫アレルギーの子どもの為に猫を手放したという人の気持ちがわからないと思っていたのですが、実際同じ立場になり、子どもが苦しむ姿を見る辛さを知りました。

 

猫を手放した結果、少しずつ次男の湿疹や肌の調子、頭の湿疹は良くなり、猫を手放してから数ヶ月で肌はキレイになりました。

 

次男が日中過ごす部屋を中心に掃除屋さんにお願いして猫の毛を徹底的に掃除したので肌がキレイになるまで早かったように思います。

 

1歳の今、乾燥する季節には肌の弱さを感じる事もありますが、ひどい湿疹に悩むことなく生活できています。

 

猫を手放すという究極の対策をすることになってしまったのですが、時々義理の母から送られてくる幸せそうな猫の写真を見ると、結果的に良かったように思います。

 

まとめ

 

ペットとそのペットが原因のアレルギーを持つお子さんがいる方は苦労も多いと思います。夫婦間での考え方も違えば、それもまた悩みになりますよね。

 

猫を手放してしまった例なので参考にならないかもしれませんが、手放す前、檻で飼うようにした時点で少し変化はあったので、できる範囲で猫と触れ合ったり毛が飛びにくい、飛んでも影響が少なくなるような対策をすると良いと思いました。

(Visited 505 times, 1 visits today)